元請け塗装会社の成功モデルとは?

今の塗装技術を活用して
まだ誰も手をつけてない新しい塗装市場の「工場塗装市場」で
新事業を社長だけで立ち上げて、売上1億円を達成するモデルです。

時代のメインプレイヤーの移り変わり

今までの塗装市場のメインプレーヤーは
2007年あたりでは訪問販売ハウスメーカーが活躍していましたが、手抜き工事などの問題が蔓延しました。
それからは、塗装技術の信頼性を求められるタイミングで、塗装職人による元請け塗装会社がメインプレイヤーとして活躍したのです。

そして現在は、塗装ポータルサイトや異業種のホームセンター家電量販店などが参入して来て、塗装市場はますます競争が激化してメインプレイヤーの座を争っています。

このような状況で売上3億や5億を目指そうと、住宅塗装事業を多店舗展開しようとしても…

  • 異業種が参入して、ますます競争が激化する
  • 仮に新しい店舗を出したとしても、店舗を任せられる人材がいないし、求人募集してもいい人が集まらない

という問題にぶつかってしまいます。

なので、大手企業や塗装会社があまり参入していなく競争がない市場(ブルーオーシャン)工場塗装市場に参入することが一番確実に売上を上げられる成功モデルなのです。

競争激化の中で成功する市場とは?

現在の塗装市場は「大型物件や住宅物件下請け」と「住宅物件の元請け」に分けられ、下請けは大手の仕様のガチガチ縛れるか、薄利での仕事。元請けは先ほどお伝えしたように異業種からの参入による競争激化の状態でした。

そこに大手企業や他の塗装会社がまだ参入していない工場塗装の元請け市場がこれから有望なのですが、この工場塗装の案件を獲得するには、市場に合わせた営業ノウハウが必要です。

しかし、この工場塗装案件を獲得する独特の営業ノウハウを活用することができれば、まだ競争がないブルーオーシャンで売上1億円の事業モデルを作り出すことが可能なのです!

塗装会社の次のステージとは?

このように、大手企業や塗装会社があまり参入していなく競争がない市場(ブルーオーシャン)の工場塗装市場に参入することが一番確実に売上を上げられる成功モデルなのです。

例えば、年商3,000万円の工場塗装の知識ゼロ、経験ゼロの塗装会社が、工場営業をスタートしてわずか2年で工場営業だけで売上1億円を達成し、4年で売上3億円を突破した事例もあります。

この新しい塗装市場の「工場塗装市場」にいち早く参入するお手伝いをナカシマプランニングのSALES FACTORYがしています。

さらに詳しい内容はこちらからご請求いただけます

住宅塗装の消耗戦を抜け出す!
最新ノウハウ集 無料プレゼント